資格の大原

野村ホールディングス1004億円の赤字、対面販売の証券会社の終焉

こんにちは、チャーリーです。

ブルームバーグ): 国内証券最大手の野村ホールディングスが25日発表した前期(2019年3月期)連結決算によると、純損益は1004億円の赤字に転落した。前の期は2193億円の黒字だった。米リーマン・ブラザーズなど海外企業の「のれん」巨額減損に加え、債券トレーディングや投信販売も不調だった。通期の純損失はリーマン危機があった09年3月期以来10年ぶり

野村證券が不調です。私は野村との付き合いはほとんどありませんが、もう一方の対面型販売の某証券での取引があります。仮にB証券としておきましょうか。B証券は対面販売で営業担当が付きますが、とにかく良く人が変わる。担当が変わるたびに挨拶代わりのようにいろいろな商品を勧めてきます。新興国を主体とした投資信託、ソフトバンクの公開株、かんぽ生命PO等々。どれもリスクが高く証券会社が儲かる高額手数料の商品ばかりです。こちらが望んでいないのに勝手に担当が代わり、そのたびにしつこく営業してくる、迷惑な話です。ネット証券ならクーポンを使えば手数料無料のリートがB証券では手数料3%以上をとってくる。たくさんいる社員のお給料を払わされることになるのです。これは質(たち)の悪い取引です。いくら儲け話を持ってこようと相手にしないのが得策であると思います。

Bon Voyage !

 

野村證券第2事業法人部

野村證券第2事業法人部

 

 

 

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。