資格の大原

ソニー、松下の経営方針や技術動向は役員の人間関係の私怨で動いているのか?

 

ソニー&松下 失われたDNA

ソニー&松下 失われたDNA

 

 

こんにちは、チャーリーです。

以前のブログ記事で、ソニー本、松下本からはもう卒業すると言ったのですが、また書店で買ってしまいました。

最新刊ということでしたので、ソニー、パナソニックの直近の経営状況を中心に記載があるのかと思いましたが違いました。

ソニーは創業時から出井CEO時代が中心、松下(パナソニック)は幸之助以降の正治VS山下、谷井時代が中心に話題が進んでいきます。

この本を読んでつくづく思うことは、日本で最先端の技術を扱っている一流メーカーなら人材の抜擢等もロジカルに判断されているというのは間違いで、社内の人間環境に依拠した浪花節的感性で決まってしまうということです。

あいつが気に食わない、あいつを蹴落としたいという私怨で、世界で展開できるかもしれないビジネスシードや最先端の技術の芽が摘まれてしまうこともままある。

こうした浪花節の日本企業への投資は控えたいなという気持ちを、この本を読んであらためて強く感じました。

Bon Voyage !

 

 

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。