資格の大原

ハワード・マークスの「投資で一番大切な20の教え」を久々に読む

 

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

投資で一番大切な20の教え―賢い投資家になるための隠れた常識

 

 

こんにちは、チャーリーです。

昨日、部屋の片づけをしていたら、3年前に目を通したきりの、ハワード・

マークスの上記書籍がでてきました。なつかしさのあまりページをめくりました。

究極的に最も儲かる投資行動は、文字通り「逆張り」することだ。周りがみな売っている(そして、そのために価格が安い)ときに買い、周りがもみな買っている(そしてそのために価格が高い)時に売るのである。これは孤独で、スウェンセンが言うように居心地の悪さを感じる行動だ。では、なぜ反対(つまりコンセンサス)の行動をとれば居心地が良いと思うのか。それは、ほとんどの人がそうしているからだ。(投資で一番大切は20の教えより)

この書籍は株式のテクニックの本ではありません。株式をどのような考えで運用していくか、根本的な考え方を述べた投資哲学本です。

このように優れた投資哲学の本を折に触れて再読していくことは、体にバリュー投資の行動哲学を染みこませるために必要なことが改めてわかりました。

投資家はこのハワード・マークスの哲学書を何度も読み返し、成功する投資家の思考パターンを身につけていきましょう。

Bon Voyage !

 

 

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。