資格の大原

ロバート・キヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」を読んだ

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 こんにちは、チャーリーです。

ロバート・キヨサキの「金持ち父さん、貧乏父さん」を10年以上前に読みました。

そして、今回、改訂版が出たので再読しました。

内容で頭に残っているのは2回とも下記の内容でした。

貧乏父さんはベンツを買うのに借金して買う、金持ち父さんは金を生み出すマシーンを作りそのマシーンが生み出すお金で買う。

記憶を辿って書いているので、正確ではないかもしれませんが、上記の内容です。

人生の早い時期に本書を読んで、この当たり前といえば当たり前の考え方を頭に留めて置くか置かないかが、その後の投資人生の分岐点になると感じました。

米国投資をやっている方はなるべく早めに本書を読むことをおすすめします。

 

    

にほんブログ村

ポチいただけると大変励みになります。