資格の大原

長期投資家にとって簿記3級の資格は必須、「資格の大原」なら安心合格できます

f:id:dear-charie:20190610222928j:plain

長期投資家に簿記の知識は必要か?

こんにちは、チャーリーです。

上の問いに対しては「必要です」と答えます。

投資家は会社の業績をPL、BS、CFから捉えることが必要だからです。

そのために簿記・会計の専門書が書店に並んでいます。

しかし、そういった書籍を独学で学んだとしても、途中で挫折してしまうケースが多いのではないでしょうか。

それだったら、いっそのこと、簿記検定にチャレンジしてしまったほうが会計をマスターするには近道と思います。

まず入口は「日商簿記3級」。

扱う範囲は商業簿記のみで、小規模なお店を自分で経営している立場から勉強できます。

日商簿記3級合格には「資格の大原」の講座をお薦めします。無料セミナー、説明会を実施しています。下記から資料だけでも請求してみてください。

資格の大原がおすすめです。

 

資格の大原

 申し遅れましたが、私は日商簿記2級、3級を取得しました。

 

 

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。