資格の大原

SBI、福島銀に出資~苦境の地銀 異業種が救済(できるか?)

こんにちは、チャーリーです。

本日の日本経済新聞朝刊に異業種による地銀救済についての記事がありました。

福島県を地盤とする福島銀行は11日、SBIホールディングスから出資を受けると発表した。島根銀行に続き、異業種のSBIとの提携で生き残りを探る。地銀は低金利と人口減で経営が厳しく、有力地銀すら出資を伴うリスクのある再編には動きにくい。事業拡大を目指すSBIを受け皿に地銀ネットワークができつつあるが、再生の道筋を描けるかは未知数だ。

有力地銀だけによる連携ネットワークも既に成功の可能性が狭められています。そうした中で今回の証券会社、IT(情報技術)企業などが地銀との連携にトライし始めました。

果たしてこの連携は上手くいくのでしょうか。地銀にとってSBIなど証券会社が持つ投資信託や債券、クラウドファンディング他の金融商品を扱うことができるのはメリットになるでしょう。しかしSBIにとって地銀の持つ富裕層の顧客の取り込みはメリットと言えるでしょうか。

確かに連携当初は、そうした富裕層や地元の有力企業へのサービス提供は順調にいくかもしれません。しかしそうした富裕層も歳をとります。富裕層の子息令嬢は既に高いPCリテラシーを持っていますので地銀の窓口などには行きません。ネット銀行での取引を好むでしょう。

そうなると、結局投資会社やIT企業にとっては地銀買収のメリットは何もなく、あるのは人件費など大きな固定費負担だけです。所詮負け組企業は、いつまでも負け組でしかない。我々投資家はこうした企業の提携によるサービスには近づかないことが賢明でしょう。

Bon Voyage !

 

投資バカ 賢い人は金融機関を信じない (朝日新書)

投資バカ 賢い人は金融機関を信じない (朝日新書)

 

 

 

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。