資格の大原

踏切事故を起こした京急線は、速やかに全線高架線化を実現すべし

 

京急電鉄のひみつ

京急電鉄のひみつ

 

 

こんにちは、チャーリーです。

先日、京浜急行で痛ましい踏み切り事故がありました。

踏み切りで線路内に立ち往生したトラックに、時速120キロのスピードで走ってきた電車がぶつかり、多くの負傷者を出しました。被害に遭われた方々のより早いご回復をお祈りします。

この京急線での事故、私は起こるべくして起きたと思っています。

私は京急に時々乗る機会があるのですが、運転スピートの速さにはいつも驚かされます。

線路の幅が「広軌」と言って、通常のJR線の線路の幅に比べ広く、新幹線と同じサイズなので、スピードを出しやすくなっています。

また、これは上記の「ひみつ本」に確か書いてあったと思いますが、京急線は東京~横浜近辺をJR線と並行して走っていることから、ライバル心剥き出しでJRがスピードを上げてくると負けじと京急が加速するシーンをよく見かけるとのこと。

それから、首都圏の電車の中では高架線になっている個所が少なく、「開かずの踏切」になっている場所も散見されるようです。

時速100キロを超える猛スピードで、踏み切りの多いところを抜けて行く訳ですから、いつか大きな事故が起きるのではと危惧していましたが、悪い予想が当たってしまいました。

事故後のニュース放送、ニュース記事を、見たり読んだりするすと、トラックがどのような角度で侵入したとか現象面が取り上げられがちでしたけど、こんなスピード路線が踏切が多く高架部分が少ない問題点に言及した記事を見ることがありませんでした。

いつも言っていることですが、長期投資家は企業に投資をすることが一義ですが、二義として該当企業の活動が社会へ貢献する十分な根拠を持っているか否かを判断する役割も有しているという信念を私は持っています。

上記の信念から、京浜急行には今回の事故について反省をして、速やか全線の高架化を実現することを要請します。今までどんな理由があって高架化していなかったかは知りませんが、いろんな理屈を言う前に今回の事故の悲惨さを鑑みて、まず実践しようという意志をオモテに現していただきたいと思います。

Bon Voyage !

 

 

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。