資格の大原

横浜銀と千葉銀 包括提携、地銀淘汰の終わりの始まりか

こんにちは、チャーリーです。

本日の日経新聞一面に横浜銀と千葉銀の包括提携の記事がありました。

地銀首位の横浜銀行と、同3位の千葉銀行が包括連携する。営業面で協力関係を深め、中小企業向けの事業継承や個人向けの遺言信託で幅広いサービスを提供できるようにす。運用商品の共同開発も検討する。長引くマイナス金利政策やフィンテックを手掛ける新興企業の台頭で環境は厳しい。トップ地銀の提携は地方銀行の合従連衡の呼び水ともなりそうだ。

ついに来るものが来たという感じです。しかも関東所在の2トップの地銀の連携です。マイナス金利の影響で、地銀の収益は低下する一方。赤字に転落する地銀も増えているとのこと。運用商品を共同開発と言っていますが、信託銀行の機能を持つ千葉銀がやっている「遺言信託サービス」で連携することが明らかになっているくらいで、具体的な商品内容は不明です。想像できるのは、新興国の株式を含めたリスクと手数料の高い投資信託を窓口やら訪問営業で売るということです。若い世代はネット取引に長じているので手数料のかかる上記投信などは購入しません。結局カモになるのはPCに弱いお年寄りということになり提携したことで従来と何も変わらないということになる。地銀同士が提携したところで都銀とサービスで差別化できなければ、会社の業績は上がらないことになる。大手地銀同士の今回の提携は、地銀淘汰の終わりの始まりになる予感がします。

Bon Voyage !

 

地銀・信金 ダブル消滅 (朝日新書)

地銀・信金 ダブル消滅 (朝日新書)

 

 

 

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。