資格の大原

いまホットな話題、老後資金2000万円はどうやって獲得する?

f:id:dear-charie:20190620224716j:plain

こんにちは、チャーリーです。

以前、投入した資金を複利で回していったら、何年でどれくらいの金額になるかがわかる計算式(エクセル)を紹介しました。

現在、ホットな話題である老後資金2000万円を獲得するのに、年率20%の複利で回したら何年かかるかと言えば約18年であることが分かります。

バフェットと同じくらいの年率20%での運用は厳しい感じもしますが、米国個別株を運用していけば年数の違いはあれ2000万年はいずれ射程圏内に入ってくると思います。

米国株投資でみんなでお金持ちになっていきましょう!

Bon Voyage !

 

【以下エクセルによる複利の計算式です、いろいろな数字を入れて楽しんでください】

前回の記事で、年間15万円ずつ投資用資金を捻出して年率20%で複利で回した結果として

10年後:3,893,802円

20年後:28,003,199円

30年後:177,282,235円

40年後:1,101,578,675円

という計算結果が出たのはお話しした通りです。

この計算は、電卓と紙を用意して、15万円ずつ投入して1.2を掛けて、40回計算を繰り返すと、「ああ自分は億万長者の道を歩んでいる」と実感できるかもしれませんが(笑)、もうひとつの方法のほうが効率的ですね。

もちろん、エクセルの関数ということになります。

エクセルのB列を使うとすると

B2に利率を入れます、この場合20%なので0.2

B3に期間を入れます、この場合40年なので40

B4に預入金額を入れます、この場合15万円なので‐150,000(-表示はエクセルのルール)

B5に関数を置きます、この場合FV(B2,B3,B4)

数字に置き換えるとB5=FV(0.2,40,-150,000)で1,101,578,675となるわけです。

エクセルを使うと、複利の最終局面での急カーブが実感できなくて、少し有難みに欠けるかもしれませんね、でもとても便利です。

 

 

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。