資格の大原

老後必要資金2000万円は「預金」?それとも「投資」?

こんにちは、チャーリーです。

ここ最近、いろいろな場所で言及されている老後資金2000万円必要説。

まあ年金の支給額が限界があり、夫婦で過ごす場合月5万円の赤字となる。だから65歳から30年生きるためには2000万円必要とのこと。

この2000万円を預金(貯金)ととらえるのか、投資ととらえるか。いろいろなメディアの記事を読んでも今一つ焦点が合いません。

65歳まで一生懸命貯金に励んで2000万円貯めたとします。もし定常的な出費が5万円でそれしかコストがかからないのであれば、カツカツながら何とか暮らしていけるでしょう。

でも長い人生何がおこるかわかりません。

10年、20年経てば、住居の内装、外装の修理、リフォームが避けられないものとなります。

また、体力の衰えから様々な疾病にかかるリスクが高まりますし、医療費の支払い等での負担が問題となります。

そういうわけでこの2000万円、たとえ3000万円、4000万円であっても貯金という発想では、お金がどんどん「減っていく」ことには変わりないのです。

そこで必要なのが、投資という概念でしょう。

2000万円を投資して、マネーマシンを作る。そしてそのマネーマシンを永久マネー払い出し機器に育てていく。

このあたりの話は米国株村では共通の認識事項になっているでしょう。

ところが世間一般の「常識」では株式投資は危険な賭け事という認識が根強く、おそらく今回の金融庁の「指導」を額面通り受け取り2000万円の貯金に励むという行動を起こす人が少なからず出そうです。

お金がお金を生む概念については、下記の「金持ち父さん、貧乏父さん」を読めば理解できますので、なるべく早い段階での体得(マスター)しておいたほうが良いと思います。

Bon Voyage !

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

 

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。