資格の大原

インフレ対策として金(ゴールド)を保有するのはあり

こんにちは、チャーリーです。

バートン・マルキールの名著「ウォール街のランダムウォーカー」に金投資について言及した個所があります。

幅広い分散投資を行っている投資家の場合、金を少々保有するのは悪くない。と言うのも、金価格の変動は他のすべての金融資産との相関が非常に低いからだ。組み入れ比率が5%程度であったとしても、リターンの相関性が低いので、ポートフォリオ全体のリスクは低下するのだ。それにもし将来インフレが再び頭をもたげるようなことがあれば、金投資のリターンは高くなることが期待できる。小規模な金投資なら、金鉱株専門に運用するファンドやETFを購入するだけでOKだ。

米国株(またはS&P500ETF)を7割、現金を2割、REITを5%、金(ゴールド)を5%という割合は分散投資として理想ではないかと考えます。

金はモノ自体に価値があるので、分散投資先として候補に入れておくべきと言えるでしょう。

第一商品では、金についての知識がマンガなどで手軽に学べる「オリジナル資料」を無料でプレゼントしています。投資家としてのレベルアップのために、一読しておくことをお勧めします。

 

 

 

 

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。