資格の大原

ZOZO、急拡大の代償 ~安売り・PB裏目 出店企業撤退

こんにちは、チャーリーです。

本日の日経新聞朝刊にZOZO関連の記事が載っていました。

アパレル通販サイト「ゾゾタウン」を運営するZOZOが正念場を迎えている。プライベートブランド(PB)事業の低迷で2019年3月期は初の減益となる見込み。テコ入れのために始めた有料会員向け割引サービスが大手アパレルの相次ぐ撤退を招いている。「世界トップ10」など高い目標を掲げ量の拡大に突き進んだ結果、「最先端の商品が買える」という本来の競争力が揺らいでいる。

当ブログでもしばしば指摘しているように、もともと私はアパレルの通販には疑念を持っています。通販の欠点は試着が思うようにできず、その結果としてサイズ、色合い、肌触りなど衣服を身に着けるにあたってポイントとなる部分がすべて曖昧なまま購入してしまうことが多いようです。購入後の評価として「サイズがちょっと大き目だけと、デザインがかわいいので記念にとっておきます」のようなコメントが散見され、自分に合わなかったけれど、返品もせず我慢して持っておくという人も多いのでしょう。ZOZOスーツなるものを無料で配り、自分の体にフィットする服を提供できるという触れ込みも、結局自分のサイズが計測できても提供される衣服がオーダーメイドでなく既製品サイズであるならば、XS、S、M、L、XLの5種類から選ぶことになるので。結局店舗で購入するのと変わらないことになります。服を買うのは絶対店舗に行って試着室で試着を確認してから買うべきです。店舗まで出向くのがめんどくさい?、店舗の試着室でワンサイズ大き目のものを交換してもらうのが恥ずかしい?そういう考えにとらわれているならば、もはやファッション、おしゃれとは縁を切ったほうがよいでしょう。通販から服が送られてくる、開梱して衣類を広げ試着する、サイズが合わない、また再梱包して、宅急便等で返却する・・・めんどくさくないですか?店舗に行って自分が納得するまで試着を繰り返し購入する、そうすれば上記のコメントに見られるような悔恨の気持ちを味わうこと無く、ファッションを楽しむことができるでしょう。ZOZOに見られるビジネスモデルは成功するのが難しいと考えています。

Bon Voyage !

 

アパレル業界の最先端を紹介。アパレルで今何がが起きているか鋭く分析しています。 

誰がアパレルを殺すのか

誰がアパレルを殺すのか

 

 

 

 

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。