資格の大原

私は「自動運転はいらない」と考えています

f:id:dear-charie:20190108230620j:plain

 

こんにちは、チャーリーです。

最近、いろいろなニュースで紹介されることが多い「自動運転」の技術。

私は率直に言って、自動運転はいらないと思っています。

もちろん、技術の全てを否定している訳ではありません。

「アイサイト」に見られるような、人間の感覚の不備を補う技術は実際にメリットがあると考えます。渋滞時自動追従、追突防止、歩行者検知、高速道走行ライン維持など。

私が疑問に思っているのは、「運転手無しの完全自動運転」の必要性です。

テレビで自動運転の実証実験の様子を放映しているのを、何回か見たことがありましたが、なぜか運転手無しのケースはなく、運転席に人が座って、自動で動くハンドルを(何かあった時すぐサポートできるよう?)軽く保持しているような画像ばかりを見ます。

これは見方を変えれば、まったくの無人の自動運転の実現は無理ということを表していないでしょうか。現実にアメリカのある州では、実証事件中に事故死者が出たという話も聞きます。

自動運転の最中にハッキングが起こされたり、PC部にフリーズが生じたり、AIが暴走したりする状況が起きたら、車という鋼鉄の塊が、生身の人間に刃を向けることになるのです。こどもが、ランダムな動きで道をはしゃぎ回ることもあるでしょう。それを車が全て判断して安全をキープできるでしょうか。私はこのことに、とても憂慮しています。

全世界でなぜこれほどまでに、自動運転を推進する気運があるのでしょうか。これには様々な業界の利権がからんでいるを考えます。私は自動車の運転に際して、人間の細かな判断力はなくてはならないと思います。無人の自動運転はさまざまなトラブルを生む恐れを感じています。自分で理解できない業界、技術についての投資は控えます。

 

 バフェットは自分の守備範囲を決めて、自分で理解できない技術については投資をスルーしてきました。私にとって自動運転は理解の範囲を超えています。

 

[新版]バフェットの投資原則―世界No.1投資家は何を考え、いかに行動してきたか

[新版]バフェットの投資原則―世界No.1投資家は何を考え、いかに行動してきたか

 

 

 

 

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。