資格の大原

新年の大掃除(整理整頓)とバーゲンセール

 

片づけられる人は、うまくいく。: 人生を変える「捨てる」習慣65

片づけられる人は、うまくいく。: 人生を変える「捨てる」習慣65

 

 

こんにちは、チャーリーです。

年末はバタバタしていて、自動車は洗車しましたが、部屋の掃除があまりできず新年に持ち越してしまいました。自分の頭の整理も兼ねて遅まきながら実施していきます。

そういう時に、整理整頓に関する本を参考にしています。「こんまり」さんの本もよいのですが、具体性がありすぎて、一つ無理なことが出るとそこでストップして後が続かずということになります。一方、中谷彰宏さんの本は、具体性より整理整頓の思考(哲学)に重点がおかれているので、バイブルのように読みながら、自分のアイディアを応用しながら実行できます。3件ほど内容を紹介します。

 

・無料のモノが家の中をオシャレでなくする

タダより高いものはないというのは本当で、駅前で配っているティッシュはデザインが派手で、枚数が極端に少ない。もうもらっていません。コンビニで購入するのがよい。

・万一壊れた時用のものを持ち歩かない

この本で書かれているのは、めざまし時計を壊れた時用のスペアとしてスーツケースに入れていく例です。さすがにそれは極端だと思いますが、私は衣服やカバンが二度と手に入らないことを恐れて2つ購入したことは…あります。

・今年流行の服は、来年は古臭い

「やってはいけないのはバーゲンで買うことです」「これは最も間違った買い方です」「夏服をバーゲンで買うと、冬の間、着ないままクローゼットのスペースを取ります、しかも来年は着られないのです、一度も着ていないので、捨てられません」「流行は繰り返すから、次の流行まで待つ、という長期戦になります」「たしかに流行は、20年たつと繰り返してきます」「スリムだったものが、再び太くなります」「ただし、20年前の太さと新しい太さはちがいます」「結局は、20年間ゴミを持ち続けることになるのです」

 

3番目のコメント、バーゲンで安易にものを買うとどういうことになるかに言及しています。恐ろしいですね。部屋の整理の話から始めましたが、新春のバーゲンセールが大型商業施設で始まっています。安さに惑わされて、お金を失わないようバーゲンセールに近づかないようにします(笑)

 

 

     

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。