資格の大原

一般NISAとつみたてNISA、どちらを選択するか?

こんにちは、チャーリーです。

2018年1月より、つみたてNISAが開始されました。

マスコミ記事でも、現行NISA がいいのか、つみたてNISAがいいのかという比較記事が目立っています。

つみたてNISAが良いという意見もありますが、私は現行NISAを継続していこうと思っています。

毎年の投資上限が現行NISAは120万円(2023年まで)に対し、つみたてNISAは40万円(2037年まで)です。時間のある若い世代にはつみたてNISAよいでしょうが、私みたいに高齢者にはもう時間がありません(笑)。

投資対象は一般NISAが株式、株式投資信託、ETF、REITなど多彩ですが、つみたてNISAは金融庁が長期の資産形成に適していると認めた株式投資信託やETF(のみ)となります。私は企業株式を中心に運用していますので、つみたてNISAでは困るわけです。

一般NISAには5年を経過した際に保有していた金融商品は、ロールオーバーという選択肢があり、つみたてNISAほどではないですが、投資期間の延長を図ることができます。

[以下参考資料]

非課税期間の延長(ロールオーバー)  所定の手続きをすることで非課税期間終了の翌年の投資枠を使用して、非課税期間の延長(ロールオーバー)をすることができます。

条件①:同一の証券会社に開設するNISA口座内での非課税期間延長(ロールオーバー)であること

条件②:NISA口座を開設している証券会社にて、期限までに所定の手続きをいただくこと

一般NISAのロールオーバー制度、選択するには上記のような条件がありますが、投資商品の性格、状況によっては、非常に賢明は制度と思いますので、つみたてNISAよりもこちらを採用したいと思っています。 

 

     

にほんブログ村

上記のボタンはブログ村のランキングに反映します、一日一回ポチ(クリック)いただけると大変励みになります。