資格の大原

バークシャーが配当金を出さない訳は?

こんにちは、チャーリーです。

バークシャーは株主に配当金を支払っていない。いわゆる二重課税を避けるためであり、配当に充てられるはずの利益を自動的に再投資するためである。ただ、バフェットは1967年、その当時運営していた投資パートナーシップの株主に10セントの配当を一度だけ支払ったことがある。「それを決めたとき、きっと私はバスルームでぼーっとしていたんだと思います」(バフェットの投資原則より)

バフェット率いるバークシャー・ハサウェイはあ配当金を出していません。理由は上記コメントでも言及されています。私はバークシャーの株を購入するつもりはありません。配当金がほしいからです。その配当金は再投資で増やす分と特定の目的で使用する分があり、どちらにも資金を回せる選択肢を持っておきたいのです。バークシャーの株主になるより、自分でバフェットのようなポートフォリオを作ってそこから配当金を得られる仕組みを作っています。その中にはコカ・コーラ、アメリカンエキスプレス、ウェールズファーゴなど、いわゆるバフェット銘柄も一部含まれています。

 

     

にほんブログ村

ポチいただけると大変励みになります。