資格の大原

橘さんの書いた小説「マネーロンダリング」

橘玲
たちばな あきら
橘 玲は、日本の作家。本名は非公開。早稲田大学第一文学部卒業。元・宝島社の編集者。日本経済新聞で連載を持っていた。海外投資を楽しむ会創設メンバーの一人。2006年「永遠の旅行者」が第19回山本周五郎賞候補となる。デビュー作は経済小説の「マネーロンダリング」。  
橘さんの書いた小説「マネーロンダリング」を読み終えた。
とても面白かった。香港と東京を舞台に、冷徹なキャラクターの主人公と他人が嫉妬する程の美しさを持つヒロインの絡みで物語が進んでいく。要所要所に橘氏の投資に関する奥深い知識が見られ、それだけでも勉強になるほどだ。投資をやっていらっしゃる方にはお薦めの書籍である。
 
 

にほんブログ村

ポチいただけると大変励みになります。